京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2014年11月12日

【音楽文化論B】でのリコーダー2014

毎年書いていると,少しずつ違ってきているのがわかって,自分でも面白いです。
ファン・エイクばかりだったのが,既存の歌にディミニューションを施した曲が増えてきているのと,今年からバロック・ギターの曲が入ってきました。

9/25
ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck(1590頃-1657):
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より
〈天にまします我らの父よOnse Vader in Hemelryk〉

10/2
ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck(1590頃-1657):
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より
〈詩篇134篇Psalm 134〉

10/9
ジョヴァンニ・バッサーノ (Giovanni Bassano 1558頃-1617):
《モテット,マドリガーレ,フランス風カンツォン集Motetti, madrigali et canzone francese》(1591)より 
〈アヴェ・マリアAve Maria〉に基づくディミニューション

10/16
ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck (1590頃-1657):
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より
〈朝のシルヴェスターSilvester inde Morgenstont〉

10/23
作者不詳:
《ディヴィジョン・フルートThe Division Flute》(1706, 1708)より
〈グリーンスリーヴズ〉によるグラウンドGreen Sleeves to a Ground

10/30
ジョヴァンニ・バッティスタ・スパーディ (?-1609/24):
《段階ごとの上行と下行のパッサッジョの書Libro de passaggi ascendenti, et descendenti di grado per grado》(1624,ヴェネツィア)より 
チプリアーノ・ディ・ローレCipriano di Rore〈別れの時にはAncor che co'l partire〉に基づくディミニューション

11/6
ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck (1590頃-1657):
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より
〈我が愛しのアマリッリAmarilli mia bella〉  

Posted by atake at 16:56京産大音楽リコーダー

2014年11月04日

【速報】笛ゼミ演奏会(12/23)予定曲目

12/23(火・祝) 12:30〜13:00に5号館1Fロビーにて予定している

笛ゼミ演奏会2014


のプログラムの骨組みができたので,メモ代わりに記しておこうと思います。

今回は,全体合奏は今のところ難しそうなので入れていませんが,各ゼミでの演奏はそれぞれ特色があって,今年も面白いものになりそうです!

よろしければご飯食べながらでも見に来て下さいませ♪

【笛ゼミ演奏会2015】

■日時 12月23日(火・祝) 12:30〜13:00
■場所 5号館1Fロビー
■曲目(予定)

J.S.バッハ (1685-1750)
コラール〈イエスは常に我が喜び〉
カンタータ《心と口と行いと生活が》BWV147 (1723) より

宮崎安奈(ソプラノ)
竹内茂夫(アルト)
美濃部勝哉(テノール)
平林萌(ヴァイオリンI)
荒木紅見子(ヴァイオリンII)
井上沙矢加(マンドラ)
森本希織(Eベース)
高橋小鈴(電子オルガン)
呉田愛里花(電子オルガン)
佐々木佳瑚(指揮)


J.B.ド・ボワモルティエ (1689-1755)
サラバンド 他
2つのミュゼットのための6つの組曲 作品17 (1727) 第1組曲より



村橋知佳 小笠原貴博(リコーダーI) 
岡田真美 幸崎大助 東江獏(リコーダーII)


J.B.ルイエ(ド・ガン)(1688-1720頃)
ヴィヴァーチェ 他
2つのフルートのための6つのソナタ ソナタヘ長調より


村橋知佳(リコーダーI)
竹内茂夫(リコーダーII)


〈トレッツのグラウンド〉
《ディヴィジョン・フルート》(1706) より

竹内茂夫(リコーダー)
大濱健悟(ギター)
中田侑希(ダプ)
大前みのり(電子チェンバロ)
  

Posted by atake at 00:03京産大音楽笛ゼミリコーダー

2014年09月19日

【笛ゼミ】竹山木管楽器製作所見学

今日は,竹山木管楽器製作所/アンリュウ リコーダーギャラリーの皆さまにお世話になって,リコーダーの工房を見学させていただきました。


13名の参加で,皆さん熱心に,特に2回生の皆さんが熱心に聞いてくれていたように思います。

私は3度目ですが,毎回何かが変わっており(特にリコーダーを作る材料が変わってきている)いつも勉強になります。

ホールにおいてある久保田チェンバロも久しぶりでした。

ショップの方は,珍しくラフィ・モデルのテナーが置いてあって,吹いてみたら大変魅力的なリコーダーで,多いに心動かされました。

今日出席した皆さんにはミニレポートを書いてもらいますが,どのような感想が出てくるのか楽しみです。

  

Posted by atake at 20:47音楽笛ゼミリコーダー