京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2012年11月26日

日本オリエント学会(11/24〜25,東海大学)

今回の学会は,知り合いが進行している資料のデジタル化のセッションの聴講が第1の目的。
セッションも,それぞれの研究者の力点や方法論の違いと,それぞれに貢献できそうな共通の面が面白かった。

しかしながら,会場で「カーヌーンの楽器体験」という掲示があって,プログラムを改めてチェックしてみると,「トルコの楽器カーヌーンのマカーム」というのを見つけて,知り合いの発表を聞いていたけど中座してそちらに向かってしまった(汗)。

京都で行われていた音楽学会ではない。
参加した学会で音楽のことが扱われることはあまりないけど,さすがに中近東の研究者の集まりとして面白い発表がなされることが多い。

カーヌーンとはハンマー・ダルシマーに似ているけどプレクトラム(長いネイルみたいなピックを金属の指サックみたいなのにはさんで弾く),音程を替えるレバーが2種類,特に小さい方は5~6つ付いていて,半音を5~6分割して様々な微分音に変えられるようになっている。
全音は9つ分割しないといけないらしく,この両者の関係が「ややこしい」らしい。

マカームは,4~5音からなる音の間の音程の関係を示したもので,いわゆる旋法だけど,中世西洋のミクソリディアやドリアにあたるものもあれば,微分音や増2度を使ってどれにも当てはまらないものもある。

ただ,あとでも発表者や同好の知り合いの研究者の方と話したけど,ギリシアも4音のテトラコードが基本。
その中で全音が支配的なディアトニック,半音が支配的なクロマティック(他に増2度が出てくる),そして微分音が支配的なエンハーモニック(結果として他の音程は広い)も出てくる。

それを合体させて8~9音の音階を構成するから,音階の低い方と高い方では違う「旋法」にもなるし,マカームでもそうなるとのこと。

また,このエンハーモニックがどのくらいの音程なのかが,今の私の疑問の1つ。
半音の半分という単純なものではないだろう。
そもそも半音も数種類あるから(全音も最低「大全音」と「小全音」がある),分割の仕方によっては現実には様々な微分音が生じるはず。
なので,ギリシアの音楽理論をきちんと研究しないといけない。
それが課題の1つ。

今日の発表でも,同じ微分音の表示(本来口伝)でも,上昇する時には高めに,下降する時には低めに取るらしい。
理論と実際には少し違いがあるとのことで,よくあることだと思う。

発表後,実際にカーヌーンの試奏体験もできるということで,やはり発表を聴いていた知り合いの研究者の方と訪れて,何か一緒にできそうなことがあれば…という話に。
その方とは,古代の文献に記されている音階の復元,そして楽器の復元ができれば…という話をしている。

こうなると,旧約聖書の朗唱記号にも本気で取り組まないといけない。
せっかく課題を頂いたので,来年からの研究プロジェクトの1つに考えたい。

ちなみに,今回の学会の会場校は,音楽専攻があって,楽器のコレクションもあるとのことで,他にも面白い楽器が展示されていた。
音楽学会ではないのに,音楽について様々な良い刺激を受けられて感謝だった。

同じカテゴリー(古代西アジア)の記事画像
【公演&講演】旧約聖書と楽器〜ギターとリラとリコーダー〜(9/23松江)
訳書のキドナー『箴言』が出版されました!
「旧約聖書と音楽2(詩篇の音楽)」旧約聖書エンジョイセミナー
「旧約聖書と音楽」(旧約聖書エンジョイセミナー第1回)
International Workshop
同じカテゴリー(古代西アジア)の記事
 西アジア言語研究会(12/27,京都産業大学) (2014-12-27 00:30)
 【公演&講演】旧約聖書と楽器〜ギターとリラとリコーダー〜(9/23松江) (2014-09-18 16:43)
 続・ラオデキア公会議 (2014-07-18 13:24)
 日本福音主義神学会西部部会2014年度春期研究会(4/21(月)@福音聖書神学校) (2014-04-20 14:08)
 平成25年度 西アジア言語研究会(12/22,京都産業大学) (2013-12-07 22:55)
 訳書のキドナー『箴言』が出版されました! (2013-01-19 22:32)