京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2009年11月24日

西アジア言語研究会(12/6)

西アジア言語研究会 開催のお知らせ


今年度の西アジア言語研究会を下記の日程で開催いたします。ご多用中かと思いますが,ご関心のある方々のご聴講を歓迎いたします。


    平成21年度 西アジア言語研究会

日時: 平成21年12月6日(日) 12:30〜16:00
場所: 京都産業大学 第2研究室棟1階会議室(地図で示される図書館の南にある建物) 

    【プログラム】

大城 光正「カルケミシュの象形文字ルウィ語碑文にみられる言語的変遷」
吉田 和彦「ヒッタイト語ye/a-動詞の歴史に秘められた謎」
野田 恵剛「古代日本語における漢語借用語」

〜 休 憩 〜

二ノ宮 崇司「ジッバーリ語の2音節語のプロソディー」(仮題)
永井 勝 「中エジプト語テキストの文献言語学的研究 -「エルミタージュ・パピルスNo.1115」の古書体学的分析と文字素論的分析-」
池田 潤 「GISを用いたアマルナ語の言語地理学的分析(2)」(仮題)

研究会のサイト

同じカテゴリー(言語)の記事
 西アジア言語研究会(12/27,京都産業大学) (2014-12-27 00:30)
 夏の語学講座(ヘブル語)(7/29-31,神戸ルーテル神学校) (2014-06-30 16:22)
 日本言語学会第148回大会 (2014-06-22 23:14)
 春の語学講座(ヘブル語)(3/18-20,神戸ルーテル神学校) (2014-03-12 16:56)
 平成25年度 西アジア言語研究会(12/22,京都産業大学) (2013-12-07 22:55)
 夏のヘブル語語学講座(7/25〜27,神戸ルーテル神学校) (2013-06-22 18:13)