京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年04月30日

歌・技・舞・華〜イタリア初期バロック三昧〜京都公演 5/19

京都産業大学文化学部聴覚文化セミナー
音楽文化論特別講義2013春
歌・技・舞・華 〜イタリア初期バロック三昧〜 
Ensemble Passamezzo Antico 京都公演


今年も文化学部の聴覚文化セミナーおよび音楽文化論の特別講義の1つとして,リズミカルで即興性に富み歌心にあふれた17世紀前半のイタリア初期バロック音楽のコンサートを行います。
神山ホール大ホールの素晴らしい響きの中で音を楽しむひと時に,ぜひお越し下さいませ!


■日時:2013年5月19日(日) 15時開演(14時半開場)

■場所:京都産業大学神山ホール
    〒603-8555京都市北区上賀茂本山(上賀茂神社裏)
    ※駐車場はございません。

□アクセス:
京都市営地下鉄 国際会館駅下車 京都バス40系統で10分
(国際会館発 13:55 14:25 14:45 14:13または14:43をご利用下さい)
京都市営地下鉄 北大路駅下車 京都市バス北3系統で15〜20分
(北大路バスターミナル発 13:49 14:09 14:29 14:10または14:30をご利用下さい)
その他アクセスについては下記をご覧下さい。
http://www.kyoto-su.ac.jp/access.html
(日曜日はバスの便が30分に1本程度になります)

■入場料:無料

■曲目 (予定):
G.P.チーマ:ソナタ
フォンターナ:ソナタ第7番
ファルコニエーリ:パッサカッレ,フォリア,チャッコーナ
ウッチェッリーニ:〈お前が壊したお針箱〉〈シモン伍⻑〉
カステッロ:ソナタ第2巻第10番


■出演:Ensemble Passamezzo Antico
竹内 茂夫(リコーダー)
上田 浩之(ヴァイオリン)
吉田 健(チェロ)
山下 佐智子(チェンバロ)

友情出演:
杉本 寿久(パーカッション)

■問い合わせ:こちらのブログまたは管理者にコメントまたはメッセージを頂ければ幸いです。  

Posted by atake at 22:49音楽

2013年04月30日

音楽文化論A2013でのプチ演奏

音楽文化論では,教育楽器としてではないリコーダーの色んな面を見て聴いて頂くために,毎回生演奏をしています。

人前で吹くことには変わりはありませんので,自分にとっては時々大きなチャレンジですが,リコーダーを見直していただく時にもなっているようですし,これからもそのような機会になれば,またリコーダーを吹いてみたいなと思う人が増えてくれればと思って演奏しています。

毎回違う曲を演奏するようにしていますが,春秋計30曲を用意するのは,自分にとって良い勉強になっています。
ただ,1年の中では30曲違っても,毎年としては同じ曲を演奏することにもなりますが,そこは自分の進歩を確認する時でもあります。

春学期は,音楽史の講義がどうしても古代から始まるので,今年度は生演奏としては思いっきり新しく,といっても19世紀からとはいえそこからさかのぼっていく形をおおまかに取っています。

順次追記します。

♪4/11
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750):
《横吹きフルートのためのソロ》BWV1013より
 アルマンド
(アルトF442。竹山)

♪4/18
ジャン・ダニエル・ブラウン ( ?-1740頃):
《横向きフルートのためのバスなし曲集》より
 ラルゴ-ドゥーブル
(ヴォイス・フルートD415。Tim Cranmore)

♪4/25
アントン・ヘーベルレ (1780頃-1806/16):
チャカンまたはリコーダーのためのファンタジーより
 アダージョ
(ソプラノC442。鈴木楽器)

♪5/2
クラウディオ・モンテヴェルディ (1567洗礼-1643):
《倫理的・宗教的な森》(1640 [1641])より
〈主をその聖所でたたえよ〉SV 287
(エイク・ソプラノC442。平尾工房)

♪5/9
アンドレア・ファルコニエーリ (1585/86-1656):
《カンツォン,シンフォニア,ファンタジー集第1巻》(1650年ナポリ) より 
チャッコーナ
(エイク・ソプラノC442。平尾工房)

♪5/16
サラモネ・ロッシ (1570頃-1630):
ある舞踏歌に基づくソナタ第7番
(ガナッシ・テナーC440,平尾工房)  

Posted by atake at 22:48音楽

2013年04月17日

「京都産業大学新聞」に掲載

昨年2012年12月に開催した「笛ゼミ演奏会」のことを,「京都産業大学新聞」が記事にしてくれました!

今年も学生は,今から開催する気満々です!
今年はどういう形で実現するか,楽しみです。  

Posted by atake at 23:07京産大

2013年04月15日

『花形独奏楽器としてのリコーダー(たて笛)』(4/24)

【第77回市民講座】
『花形独奏楽器としてのリコーダー(たて笛)』


■日時: 2013年4月24日(水) 14:50〜16:00
■場所: 京都産業大学 むすびわざ館   
     〒600-8533 京都市下京区中堂寺命婦町1-10
     (JR丹波口駅 徒歩4分ほか)

音楽の時間に吹くたて笛すなわちリコーダーは,現代の日本では教育楽器として扱われていますが,欧州では15~16世紀のルネサンス音楽から17~18世紀のバロック音楽の時代に,花形独奏楽器の1つでした。大作曲家のバッハやヘンデルがリコーダーを様々な場面で使っているだけでなく,その時代には独奏リコーダーのために143曲収録した《笛の楽園》などの曲集や,奏法に関する教則本もあります。当時「フルート(フラウト)」とはリコーダーのことを指し,横笛はわざわざ「横切るフルート(フラウト・トラヴェルソ)」と呼んでいたほどです。リコーダーは誰でも吹けば鳴る仕組みを持ち,最小14cmから最大2mまで種類がありますが,図像資料としては11世紀頃から,現存するものは14世紀からの比較的新しい楽器です。この講座ではリコーダーの実演も交えつつ,独奏楽器としてのリコーダーの魅力を知っていただく機会になればと願っています。

お時間ありましたら,ぜひお越し下さい!

http://www.kyoto-su.ac.jp/project/area/shimin_ko.html
  

Posted by atake at 16:04音楽