京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2012年10月08日

「聖書の音楽〜旧約聖書の楽器〜」(10/19,大阪キリ短)

大阪キリスト教短期大学(通称「キリ短」)で講演をします!
ご興味のある方はどなたでも歓迎とのことです。

今年はこの内容について,いくつか仕事をしています。
特に旧約聖書の楽器については,先日の東京で発表(報告)しましたし,文章としてまとまったものも紀要として現在編集中です。

今回は,いつも大学の音楽文化論で行っているように,音源もいくつか聴いていただく予定です。
音楽ですので,文字や言葉だけではなかなかイメージがつかみにくいですから…。


  2012年度 秋の神学講演会
「聖書の音楽~旧約聖書に見られる楽器を中心に~」

日時: 2012年10月19日(金)10:40‐12:00
場所: 大阪キリスト教短期大学 土山チャペル
受講料:1,000円(卒業生、学校関係者は無料)

主催:大阪キリスト教短期大学
   〒542-0042 大阪市阿倍野区丸山通 1-3-61
   06-6652-2091(代表) キリスト教センター
アクセス:http://www.occ.ac.jp/kiritan/access.html

関係HP:http://www.occ.ac.jp/news/index.php/2991.html  

Posted by atake at 00:13音楽

2012年10月07日

神戸松蔭の大オルガンを弾く

学生が撮ってくれました。
これまで鍵盤はずっと弾いてきたものの,世界観を変えるほどのインパクトがありました。
このチャペルのこのオルガンで,色々練習したい!
  

Posted by atake at 23:59音楽

2012年10月06日

パイプオルガン演奏観賞と見学:ゼミ学外実習

今日は,文化演習Iと文化基礎演習Iの合同の学外実習。
ゼミ生は全部で2人しかいないですが,他に2名も加わっての計4人で。

私がよく通っている神戸松蔭女子学院大学にて,無料のパイプオルガンのコンサートのあとに設定させていただきました。

■開催日時:10月6日(土)午後2時開演(終演予定:午後3時)
■会  場:チャペル
■費  用:入場無料
■お話しと演奏:松原晴美(桃山学院大学オルガニスト)
        緋田吉也(グレゴリオ聖歌 歌唱)
■テーマ:「珠玉のグレゴリオ聖歌」
■曲 目: G.フレスコバルディ:聖母のミサよりキリエ  他
      D.ブクステフーデ:「テ・デウム」
      N.ド・グリニー:「来ませ、聖霊」
      F.ペーテルス:「来ませ、聖霊」によるパルティータ
http://kobe-shoin.cocolog-nifty.com/chapel/2012/10/126-4069.html

最初に15分ほど松原さんのお話。
曲目解説とその背後にあるグレゴリオ聖歌など典礼のお話も。
とても良い導入だったと思います。

また,何曲か緋田さんのグレゴリオ聖歌が力強く響き,それを元にオルガンで変奏しているのがよくわかって良かったです。
ド・グリニーは割とかっちりと弾かれた感じでした。
ペーテルスは20世紀の人ですが,ミーントーン改でもとても魅力的に響く曲でした。

プログラムにはグレゴリオ聖歌の「キリエ」と「テ・デウム」の4線譜や「来ませ、聖霊」の日本語現代譜。
なぜ日本語現代譜?と思ったら,それを松原さんのオルガンと緋田さんの歌に合わせて1番だけ歌うという趣向。
個人的には楽しく歌いましたが,やはりラテン後で歌いたかった気はしました。

その後少し休憩してからオルガン見学。

まず1Fにあるポジティフ・オルガンを開けていただいて,構造の説明。
2つの違うタイプの管を抜いてフルー管を吹いてみたり,リード管のリードを確認したり,面白かったです。

その後,2Fの大オルガンに移動して,構造と特にストップの説明。
その中で,倍音をどうストップに割り当てているかの説明が,個人的に興味深かったです。
ミーントーンの説明もしっかり。

あとは少し鍵盤を触らせていただいたり。
ところが男子学生2名がやたらはまってしまって,鍵盤楽器はほとんど弾いたことがないからか,子供のように鍵盤と戯れてました(笑)。
リコーダーの工房に行っても,そこに置いてあるチェンバロにはまったりで,鍵盤楽器は何か響くものがあるのでしょうか。

そうして,本当に楽しく有意義なオルガン観賞と見学の時でした。

神戸松蔭女子学院大学の関係者の方々には,本当にお世話になりました!  

Posted by atake at 23:14音楽

2012年10月02日

10/14,金閣寺の近くで演奏します!(要予約)

「丘のふもとの夢桜で聴く,リコーダー・コンソート」

日時: 10月14日(日) 14:30開演(14:00開場)
場所: 夢桜(京都市北区紫野北舟岡町27
    市バス建勲神社前下車徒歩10分)
入場料:無料(限定20席。要予約。
    ご予約の際は
    私あてにメールをお送り下さいませ)

出演: アンサンブルSNS
   (山下悟,山下伸江,竹内茂夫)


曲目: ブオナメンテ:ガリアルダ
(予定)テレマン:デュオ     
    ドルネル:トリオ 他     

※金閣寺から東1kmの,船岡山のふもとにあるハープのある小さなホールでのアットホームなコンサートです。
ソプラノ、アルト,ヴォイス・フルートのコンソートの他3人ながらも,バス,グレート・バス,コントラバスでの低音のコンソートも行う予定です!
小さなスペースのため,ご来場の祭はご予約いただければ幸いです。
秋の日曜の午後,皆さまのご来場お待ちしております!  

Posted by atake at 22:38音楽