京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2012年06月25日

7/14,神山ホールにてバロックのコンサートをします!

今回で第5回目になる,
  京都産業大学文化学部聴覚セミナー/音楽文化論特別講義
の一環としてのコンサートです。

1600人の大ホールですが,リコーダー1本でも気持ちよく音の通る神山ホールにて,バロック音楽をお楽しみ頂ければと思います。

典雅で楽しいコンサートになると思います♪

* * *

京都産業大学 音楽文化論特別講義/文化学部聴覚文化セミナー 2012春

「リコーダー・コンソートとリュートの典雅な午後」

アンサンブル・4S
 村井 茂臣(リュート,バロック・ギター)
 山下 悟(リコーダー)
 山下 伸江(リコーダー)
 竹内 茂夫(リコーダー)


曲目 (予定)
 ド・フェッシュ:ソナタ ト長調
 作者不詳:<グリーンスリーヴズ>
 ボールドウィン:<ブラウニング>
 ボワモルティエ:トリオソナタ ニ長調
 テレマン:デュオ ト短調
  他

日時:7月14日(土) 15:00開演(14:30開場)

場所:京都産業大学 神山ホール 大ホール
(京都市営地下鉄国際会館駅下車 京都バス40系統 (約10分) 京都産業大学下車すぐ)

入場料:無料

問合せ:竹内 茂夫(京都産業大学文化学部)
atake@cc.kyoto-su.ac.jp
http://atake.kyo2.jp/

後援:京都産業大学文化学部
http://www.kyoto-su.ac.jp/department/fcsi/
  続きを読む

Posted by atake at 23:52音楽

2012年06月25日

付属校の2年生対象の接続授業

高大連携接続授業というものの一環で,付属校の80名弱の生徒たちを前に,50分2セット,リコーダーの歴史について喋って,12本のリコーダーなどを使って折々に吹きました。

これまで大学に来ていただいて,その時は70分だったのが,学校の移転に伴ってそちらで行うことになって時間も休憩込みで100分に変更されました。

写真,撮ろうと思ってたのに撮るの忘れました…(泣)。
先生に教室に案内していただいて,授業が始まる前に並べていたら,早い生徒たちがやってきて,先生経由で質問してきたので,それに答えているうちにすっかり失念。

秋にもまた行くので(秋は120名弱),その時には撮影を忘れないようにしないと。

ちなみに,今回持参したのは,ガルクライン,ソプラニーノ415,ソプラノ442,ソプラノ(ファン・エイク),アルト442,アルト415,アルト(ガナッシ466),ヴォイス・フルート,テナー(ルネサンス),トラヴェルソ415,フラジオレット,テイバーパイプ。

本当は大きなバスとか,グレート・バス,さらには2mもあるコントラバスとか貸しますよと言って下さる方もあったのですが,電車移動でしたのでありがたいお話ながらお断りさせていただきました。

いずれにしても,リコーダーだけじゃなくて,運指や発音の仕方が全く違うガルクライン,フラジオレット,テイバーパイプもあるので,それは割と普段から吹いてないとすぐに対応できない部分があります。

それにしても今日はとても暑くて,駅から高校までの間にも結構汗になった上に,行きはともかく帰りは下校時間と見事に重なって,電車が身動きできない混雑になったこともあって疲労困憊となりました…。
  

Posted by atake at 23:06音楽

2012年06月13日

ギタークラブ独重奏会(6/16,北文化会館)

※終了しました!
雨の中,ご来場下さった皆さま,ありがとうございました!


大学のクラブ関係なのに,こちらへの告知を忘れていました(汗)。

私の文化演習Iのゼミ生で,大学のギタークラブに所属してクラシック・ギターを弾く深澤太一くんが出てほしい!ということで昨年から準備していて,今回共演することになりました。

深澤くんとはこれまでも講義やオープンキャンパスでも共演してきましたが,今回はこれまでの17世紀の初期バロックなどではなく19世紀の古典派のフルートとギターのための曲を演奏します。

演奏するカルッリはギタリストには有名ですが,フルート(ヴァイオリン)とのデュオの曲なども書いています。
所々ヴィルトオーゾを入れた古典派らしいサロン音楽という趣で,理屈抜きで楽しめると思います。

出演は19時頃になるとのことです。
よろしければのぞいてみてください!


■日時: 6月16日(土) 開演18:00(開場17:30)

■場所: 京都市北文化会館ホール(京都市営地下鉄北大路駅下車すぐ上)
    http://www.kyoto-ongeibun.jp/kita/map.php

■入場料:無料

■曲目: フェルディナンド・カルッリ(1770-1841):
      セレナーデ 作品109第6番
       I:テーマ/変奏I/II/III/IV/V 
       II:アッレグレット
     Ferdinando Carulli (1770-1841)
      Serenade opus 109 No. 6
       I: Thema / Variation I / II / III / IV / V
       II: Allegretto

■共演: 深澤 太一(京都産業大学文化学部3回生)

■主催: 京都産業大学ギタークラブ
     http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/circle/guitar-club/index.html


それにしても,ギタークラブの独重奏会の立て看初めて見ましたが…。
いや…笛はブロではないんですけど…(汗)。
キャッチコピーだとは思いますが,びっくりしました。
  

Posted by atake at 14:08音楽