京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年11月28日

神山交響楽団第13回定期演奏会(11/27)ご来場感謝です!

終了しました!

ご来場下さった皆さまに,指導した側からも心から感謝申し上げます!

今年は安心して観ていました。

学歌は違うアレンジのになったんですね。とても洗練されていたと思います。

ショスタコーヴィチは一度も練習を見ていなかったので楽しみで,学指揮くんは堂々と振って,オケも多少キズがあったもののよく応えていたと思います。

ベートーヴェンは,想像以上に柔らかい表現とゆったり目のテンポで相当驚きました。合奏の時に冒頭は甘く幸福な何かを想像してとか,第2楽章は鐘が鳴ってるよとか色々言ったのが多少でも功を奏したのかも。ちょっとご愛嬌がいくらかありましたけど,眠くなりそうなくらい気持ちが良いところがあったと思います。

メインのドヴォルジャークは,開始の速度が速いなぁと思ったら主部はそれほどでもないかと思ったら,第2楽章以降はやはり高速。一応高速になった時の練習はしておいたので,皆さんよく付いていったと思います。とはいえ…やはり去年のブラームスとは違った意味で難しい曲でした。

アンコールのスラヴ舞曲第8番ト短調も後半特に高速!これもヘミオラと高速対応の練習をしておいて良かったと一安心でした。

もちろん色々な課題もありますが,これを土台にしてより1歩前進できれば,そのお手伝いができればと願っています。

今はまだ打ち上げで盛り上がっていることでしょう。私は先約があってとても残念ですが失礼しました。団員諸君と飲みたかったんですが(泣)。

オケの弦の人何人かとは,12/21にバロックのコンサートを学内11号館で行います!その練習がまもなく始まるでしょう。  

Posted by atake at 00:48京産大

2011年11月24日

神山交響楽団第13回定期演奏会(11/27,神山ホール)

京都産業大学 神山交響楽団 第13回定期演奏会

■日時: 11月27日(日) 開場13:30 開演14:30 

■場所: 京都産業大学内神山ホール大ホール 

■入場料:無料

■曲目:
D. D. ショスタコーヴィチ:《祝典序曲 イ長調》作品96
L. ヴァン・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
A. L. ドヴォルジャーク:交響曲第8番 ト長調 作品88

■演奏:
ヴァイオリン独奏:渡邊 明日香
指揮: 門 良一
学指揮:三次 暢
管弦楽:神山交響楽団

----
練習指揮者として,管分奏をメインに全体合奏,時には弦分奏を指導してきた神山交響楽団の今年の演奏会がまもなく開催されます!

ドヴォルジャークの第8番は5年前にも演奏していてその時にも少し関わっていましたが,今回は管分奏メインに全体合奏も見ることができたので,自分としては前回よりは目配りはできたかなと思います。
とはいえ,本番は練習とはそもそも違いますし,本番はマエストロが振りますのでどんな風になるのか,本番ではきっと早くなるマエストロの指揮にみんなが付いていけるかどうか(一応それを予測した練習はしてあります 笑)客席で見守る予定です。

協奏曲を弾いて下さる人も以前弾きに来て下さった上手な方。
今回も昨年のピアノ協奏曲に引き続き,ソリスト付きの初合奏を振ったのでなかなか大変でしたが(どちらのソリストの方もとてもよく全体を聴いて下さる方々!),本番ではオケが純正律の美しい和音を出しつつ,ソリストと上手に対話してくれればと願っています。

学指揮の祝典序曲は,残念ながら練習を見ることができませんでした。
体力使う曲だけに,うまくペース配分してねという気持ちです。

あとは弦の精度がどのくらい上がっているかが勝負ですが,本番では客席でゆっくり楽しもう(楽しみたい!)と思います。
----

お時間あります方はご来場頂ければ幸いです。  

Posted by atake at 23:50京産大

2011年11月14日

神山オケ,マエストロ練見学

土曜日は仕事(泣)の後,神山オケの定演を控えてメインの交響曲とアンコールのマエストロ練習があったのを予定表で見て,今週メインの合奏を振るように言われているので見学。


メイン曲の管分奏は何度か見に行っていて,細かなところは直されていたけど,大枠は精度を上げていけば大丈夫だと思う。

しかし…弦は正直まだまだ厳しい所が。
パート自体でまだ弾けてないところもあるし,パート内でバラバラというか時間差があったりで,ちょっとびっくり。
特に中間の2楽章,3拍子も概して苦手だから何とかしないと。
これは今度合奏とは言っても弦分奏しないと…。

そう思っていたら,その後オケの子から連絡があって,16日は合奏から弦分奏に変更。
その方がいいなぁと思っていたので,ちょうど良かった。


アンコールは毎度のかなぁと思って帰ろうと思っていたら,私としては初めての曲だったので見学。

おっと!勢いだけで行っているけど,ヘミオラが…そして3拍子が…という感じだったので,これもちょっと手を入れたい。
そう思ってオケの子のメールの返信にもその旨入れる。


さて,次の合奏はどうなることやら。
少しでも良い方向に行くように手を尽くす。
毎度のことながら往診するお医者さんのような気分(笑)。  

Posted by atake at 19:40神山オケ

2011年11月08日

明日9日~ガブリエリと北イタリアのバロック~コンサートです!

明日,いよいよアンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニの方々をお呼びして,そして11号館ロビーでは初めてのコンサートである

~ガブリエリと北イタリアのバロック~(11/9)
音楽文化論特別講義/文化学部聴覚文化セミナー2011秋
~その1~

を開催します!

遅ればせながら大学のHPにも載せていただきました!
http://www.kyoto-su.ac.jp/department/fcsi/news/20111109_concert.html

水曜日の午後という時間帯ですが,お時間ある方はお気軽に見にきていただければ嬉しいです!。

「11号館ロビーコンサート」と銘打って,12月(神山交響楽団の方々と)も1月(ロンドン在住のバロック・ギタリストの方と)も行います。

■日時: 11月9日(水) 13:15~14:45

■場所: 11号館1Fロビー(大学の最も奥の建物になります。http://www.kyoto-su.ac.jp/outline/campus/cam_map.html の17番の建物です)

■演奏: アンサンブル・プリンチピ・ヴェネツィアーニ
http://principivenetiani.blogspot.com/
上野 訓子(コルネット)
笠原 雅仁(歌,コルネット,リュート)
織田 貴浩(サクバット)
吉竹 百合子(オルガン)

竹内 茂夫(リコーダー)

■曲目:(予定)
G. ガブリエリ:3声のためのソナタ
A. グランディ:モテット「めでたし女王」
D. オルティス:レセルカーダ第2番

  

Posted by atake at 23:11音楽