京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年09月11日

JEUGIA京都三条本店でのコンサート(9/10)

まず,コンサートにご来場下さった皆さま,ありがとうございました!

当日天気も良く,真夏のように暑かったですが,フェアの会場の一角を移動して座席を並べてのミニ・コンサートで,15分前くらいまでは10人くらいでこぢんまりと吹こうかと思っていましたら,開始時間の頃には30名以上になっていて次々に座席を後から持ってくるような感じで,最終的には40人くらいいらっしゃったのではと思います。

前日にゆっくりリハーサルをさせていただきその時に録音もして帰り道に聴いてみたら猛反省の材料がありましたので,それを元にフレージングを作り直したりタンギングを変えたりした曲もありました。何よりも曲1つ1つのイメージをしっかり作って,表現の違いも想像以上に大げさにやらないと伝わらないことがわかったので,トライしてみました。

当日,さすがに無傷とはいきませんでしたが,何よりも楽しく吹くことができて,あっという間に時間が過ぎてしまいました。30分の予定がやはり喋り過ぎてしまって,時間が延長したことは反省材料です(毎度のことですが 汗)。

さて,今回は7本のリコーダーを使って,4カ国(地域)にわたる20〜17世紀の曲を吹きましたが,自分で吹いてみて改めてリコーダーの色々な面を自分で確認できました。また,バロック・タイプもルネサンス・タイプも使いましたのでその基本的な運指の違いもありますが,それ以外にも運指の細かな違いや,モデルによって穴の開け方が微妙に違ったり,音の出方も違ったりしますので,そのあたりも確認できて良かったです。

演奏曲目を簡単に記しておきます。

【19世紀ドイツ地域(ウィーン)】
アントン・ヘーベルレ (1780頃- 1806/16):
 チャカンまたはリコーダーのためのファンタジー (1808) より 第2楽章アダージョ

【20世紀オランダ(アムステルダム)】
フランス・ブリュッヘン (1934-):
 《指のコントロールのための5つの練習曲》(1957) より 第4番

【18世紀イギリス】
《リコーダーのための前奏曲とヴォランタリー選集》(1708) より
 前奏曲 (i) ヨハン・クリストフ・ペープシュ (1667-1752),
 (ii) ヘンリー・パーセル (1659-1695):ZN.773,
 (iii) ゴットフリート・フィンガー (1660頃-1730)

【18世紀フランス(パリ)】
ジャック・マルタン・オトテール「ル・ロマン」(1674-1763):
 《プレリュードの技法》作品7 
 リコーダーのためのプレリュードより 
 変ホ短調(愛情を込めて-円滑に)
 変ホ長調(優美に-陽気に)

【18世紀ドイツ地域 (ポツダム)】
ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ (1697-1773):
 《クヴァンツのファンタジアとカプリース》より ファンタジア

【17世紀イタリア (ボローニャの写本)】
アウレリオ・ヴィルジリアーノ (1600頃活躍):
 《甘い林檎の木》より 横型フルート,ヴァイオリン,コルネットその他の楽器のためのリチェルカータ

【17世紀オランダ(ユトレヒトで活躍)】
ヤコブ・ファン・エイク(1590頃-1657):
 《笛の楽園》より 〈戻って来て〉
 (原曲:ジョン・ダウランド)
  

Posted by atake at 09:01音楽

2011年09月05日

JEUGIAさんとプリマ楽器さんのつぶやき:リコーダーフェア

今週末9〜11日のJEUGIA京都三条本店でのリコーダー・フェアについて,会場のJEUGIAさんと楽器を用意されるプリマ楽器さんがつぶやいておられて,10日の私のコンサートのこともつぶやいて下さっているので,転載しちゃいます。私のつぶやきもRTして下さっています。


RT @JEUGIAsanjoekh: 本日よりリコーダーフェアがスタート!6階のイベント会場に多数のリコーダーが集まりました♪ぜひ試奏してみてください♪明日はコンサートもありますよ。
http://t.co/uBPZCkD

RT @JEUGIAsanjoekh: いよいよ明日から3日間リコーダーフェア開催!あらゆるリコーダーが揃う年に1回のフェアです♪JEUGIA三条本店6階イベントスペースまでお越し下さい!!10日(土)はリコーダーコンサートも有り☆

RT @JEUGIAsanjoekh: いよいよ今日はリコーダー奏者、竹内茂夫さんによるリコーダーコンサートです!!15時~JEUGIA三条本店6階イベント会場にて、入場無料です♪♪こんないいお天気の日にはリコーダーの暖かい音色を満喫してみませんか?☆


RT @JEUGIA_Webshop: 昨日ちらっと開場をのぞいてみましたが、すごい量のリコーダーでした!こんな大きなリコーダーもあるんだ!?とびっくりしたり。 是非ご来場ください。 RT @JEUGIAsanjoekh いよいよ明日から3日間リコーダーフェア開催!


RT @primagakki: おはようございます。今週末に行われるリコーダーフェアのお知らせです。9/9(金)~11(日)、京都JEUGIA三条本店6F J-SQUAREにて、恒例の「木製リコーダーフェア」が開催されます。普段はなかなか見ることのできないモデルも含め100本以上の楽器が展示される予定!(続く)

RT @primagakki: (続き)また、10(土)15時からは、竹内茂夫氏による「リコーダーソロで楽しむ欧州の旅」と題されたコンサートも予定されています!皆様のご来場を心よりお待ちしております。 http://t.co/tjGZkDG #recorder #blockflote #gakki -Hr  

Posted by atake at 18:59音楽