京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年10月23日

学オケ合奏:グリーグ:ピアノ協奏曲

学オケのソリスト付き協奏曲の初合わせ無事終了。

木曜のマエストロ合奏はどうやら夏の合宿依頼の合奏だそうで,その仕上がり具合(というか仕上がってない具合)からどうしよう…しかもソリスト来られるのに!と悩みながらスコアを勉強してました。

ところが,ソリストの方は上手な上に柔軟でしたし(普段はショパンをよく弾かれるとのことでグリーグはまだあまりということでしたが),オケの精度も木曜のマエストロ合奏の時に個人的に気になっていた部分も直せて精度を色々上げることができましたし,ソリストと呼吸が合わない部分は正直ありましたけど,団員からも終わってから「楽しかった」と言われて良い合わせになったと思います。時間の関係で最後は第1楽章だけでしたけど,お互いに呼吸がつかめてきてピアノもルバートが多くなりましたし,それにつけて楽しく合わせられました。

また,今日は足らないパートに賛助さんも来ておられたので,楽器が全部揃ったことも良かったです。やっぱりファゴットがあると違います。これで交響曲も振ってみたかったなぁ…。私の仕事はとりあえずこれでおしまいです。別の日に急遽頼まれて,定演も近いので手伝いたかったけすが,既に予定があって残念ながらお断りしました。

あとはマエストロ練で仕上げていただいて,私は客席でリハと本番を見るだけです。  

Posted by atake at 19:45音楽

2010年10月10日

新約・旧約聖書地理セミナー (11/20, 1/15)

色々書きたいことはあるのですが,気がついたことから記します。

----
新約・旧約聖書地理セミナーのご案内


このたび、神戸ルーテル神学校では、2011年3月に行うイスラエル・スタディー・ツアーの事前準備として、下記のとおり「新約・旧約聖書地理セミナー」を開催することとなりました。このセミナーは、来年のスタディー・ツアーに参加される方はもちろんのこと、今後参加しようと思っておられる方や、別のツアーでイスラエル旅行をされる方、イスラエルのことを学びたい方など、あらゆる方々に参加していただけるものです。

この機会にぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。ご参加いただける場合は、以下の申込書をFAXしていただくか、その旨電話かメールにてお知らせください。



第1回目 日時:2010年11月20日(土)午前10時~12時30分

場所:神戸ルーテル神学校

講師:鍋谷堯爾氏、竹内茂夫氏

内容:月本昭男著『目で見る聖書の時代』(日本キリスト教団出版局、1994年、1,680円)を使っての講義(竹内氏)及び「スタディー・ツアーのポイントについて」(鍋谷氏)、質疑応答

参加費:2,680円(書籍代1,680円を含む)

なお、スタディー・ツアー参加者は、神学校からの奨学金により無料となります。


第2回目 日時:2011年1月15日(土)午前10時~12時30分

内容:第1回目の続き、参加費は1,000円(ツアー参加者は無料)


申込先・連絡先
〒651-0052神戸市中央区中島通2-3-5
神戸ルーテル神学校スタディーツアー担当:石崎伸二
電話:078-221-6956 FAX:078-221-5825(神学校)
メール:office@koluthse.jp  

Posted by atake at 18:45古代西アジア

2010年10月10日

平成22年度 西アジア言語研究会 (12/4)

平成22年度 西アジア言語研究会開催のお知らせ

今年度の西アジア言語研究会を下記の日程で開催したいと思います。こちらをご覧の皆さまのご聴講を歓迎いたします。

日時:平成22年12月4日(土) 13時00分(午後1時)より (〜17時頃まで)
場所:京都産業大学 第2研究室棟会議室(1階)

過去の研究会 http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~atake/WAL/done.html  

Posted by atake at 18:30古代西アジア

2010年10月10日

学オケ合奏:ブラームス交響曲第1番 (10/2)

大曲ブラ1の合奏を振りに行きました。賛助さんは結局来られなかったとのことで,木曜とほぼ同じメンバーで,前回いなかったコンマスがいました。この曲はいてくれないと。

まずは全通し。私もこのオケの分奏(特に管分奏)は時々振りに行ってますが,合奏はあまり振らないので,最初の通しはある程度探り探り。第4楽章でテンポが変化するところでマエストロと違うところはやり直したりはしたけど,他は全体として落ちることはなかったので,曲としては一通り形はできているようなので一安心。細かなところの音程はもう個人練習やパート練習でやってもらうしかない。

休憩中にコンマスと話して,2拍子系は得意そうだしやはり3拍子系が苦手ということで,最初の2楽章を。特に第2楽章でパート毎にやることが別々になるところのすり合わせに時間がかかった。3拍子も一貫してなくて2拍子になったりヘミオラになったりで,ブラームスはややこしい。第1楽章は2拍子系で3連符(中世で言うところの「完全テンプス大プロラツィオ」)だけど,3連符の頭に休符がある時に2つ目は遅く(特にその前がタイだと),3つ目は早く甘く入りやすいので,その辺のタイミング合わせが主。弦の弓の確認もいくつか。

この曲はほぼ全編で何かしら対話をしているので,今自分が対話の中でどういう役割をしているかをもっと理解すると,より良い演奏になるだろう。そのためにも技術的に難しいところも演奏できるようになっておかないといけないし,頑張ってほしい。

自分の反省としては,こういう大曲を振る時の身体の使い方をもうちょっとよく考えないと(汗)。

もう1回合奏を振りに行きますが,あとはコンチェルト。ソリストと初合わせでもあるそうで,どうなることやらと思いつつスコアを勉強中です。  

Posted by atake at 18:15音楽

2010年10月10日

学オケ合奏:「セビリア」序曲 (9/30)

マエストロがお忙しいとのことで,合奏を指導して欲しいとの依頼を受けて,行ってきました。

この日のは本当に急で,学指揮が振るので,指揮とオケの両方を指導して欲しいとのこと。

指揮の指導は難しいです。私もかつてそうだったからわかりますが,棒をただ持っているだけで結局は手の動きで表現してしまうのではなくて,手の延長として棒の先で表現するのは本当に難しいです。今は私は合唱指揮でレパートリーもバロックがメインということもあって,そもそも指揮棒を持ちませんし…。

あと,解釈として,最初のAndante maestosoはいくら何でも遅過ぎるので,音楽が前向きになるように言ってちょっとやってはみたものの難しそう。けど,故・岩城宏之さんが欧州の人の意見として書いておられたけど,「日本人は遅い楽章を遅く,速い楽章を速く演奏し過ぎる」というのはいつも当てはまるので,特に遅い部分は何とかしたいもの。

オケの方は使っている楽譜が色々追加されている版で,効果的に鳴ってくれないと感じる部分もあるので,楽譜の選択も難しいものです。  

Posted by atake at 18:00音楽

2010年10月10日

福岡古楽音楽祭 (9/23-26)

先月末,福岡古楽音楽祭に参加してきて,とても充実した4日間を過ごしました。

向江先生ご指導のリコーダーオーケストラに急遽参加したのでそのリハーサルが3時間×3セット,その間に山岡先生の公開レッスン1時間,本番のためのリハーサルいくつか,古楽コンサートの第1部の本番でアンサンブル (テレマン:トリオソナタ ニ短調 TWV42:d10),バロックダンスの伴奏 (Zのメヌエット、4人のガボット、ロココのメヌエット),リコオケの本番 (コレッリ:合奏協奏曲 Op.6-10) と3つありました。

夜や午後は,メインゲストのエンリコ・オノフリ (ヴァイオリン) の後期と初期のイタリア・バロックのものすごいコンサート3つの他,寺神戸さんのヴァイオリンの歴史の講演会,オープニングのルネサンス (山岡Rec+佐藤Lute/Vih+福沢VdG) のコンサートと,クロージングのバッハ (寺神戸Vn+鈴木Vc+上尾Cemb) のコンサートも聴いて大変刺激を受けましたし,リコーダー関係の方々とたくさん知りあいました。

公式サイトで写真が公開されており,3箇所4枚写ってますのでリンクします。

アンサンブル本番とダンスの伴奏。
http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/fukuoka12/fukuoka12-2.html
リコオケ本番。
http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/fukuoka12/fukuoka12-3.html
リコオケのリハ。
http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/fukuoka12/fukuoka12-4.html

また,出場した古楽コンサートの動画を撮って下さった方がありましたので,記録として公開しております。冷静に見れば見るほど改善点ばかりが目に付きますが,リンクしておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=IhDE4kMHuLg  

Posted by atake at 17:45音楽