京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年06月03日

音楽文化論特別講義コンサート(7/3)

文化学部聴覚文化セミナー/音楽文化論特別講義
イタリア150年の対比。
~初期バロックvs後期バロック~


 京都産業大学文化学部において計画しております聴覚文化セミナーおよび音楽文化論(木曜3時限)の特別講義としまして,昨年度に引き続きコンサートを神山ホールにて行います。

 学内向けの特別講義コンサートとして授業の一環として行われますので,お問い合わせがございましたら大学及び文化学部事務室ではなく,最下段に記しました授業担当者兼演奏者にメールでお尋ねいただければと思います。

♪日時: 7月3日 (土)  開演14:00(開場13:30)  

♪場所: 京都産業大学神山ホール大ホール
 ※駐車場はございません。



♪曲目:
F.ジェミニアーニFrancesco Geminiani (1687-1762):
《クラヴサン曲集》作品1より タンドルマン
F.A.ボンポルティFrancesco Antonio Bonporti (1672-1749):インヴェンツィオーネ作品10 第1番
 カンタービレ – アリア:アレグロ – ジーグ:アレグロ – レチタティーヴォ – ビツァリア:アンダンテ
F.マンチーニFrancesco Mancini (1672-1737): ソナタ第6番
 ラルゴ ー アレグロ ー ラルゴ ー アレグロ
A.L.ヴィヴァルディAntonio Lucio Vivaldi (1678-1741): 協奏曲RV103 ト短調
 アレグロ・マ・カンタービレ – ラルゴ – アレグロ・ノン・モルト

〜 休 憩 〜

S.ロッシSalamone Rossi (c.1570-1630):
 ソナタ第8番〈すでに多くの時が〉Sopra l'arial e tanto tempo hormai
A.ノターリAngelo Notari(1566-1663):
 カンツォーナ・パッサッジャータCanzona Passaggiata
D.カステッロDario Castello (c.1590-c.1658): 
《現代様式の協奏ソナタ》第2集より第2番
 アレグラ-アダージョ-アレグラ-アダージョ-アレグロ-アレグロ-アダージョ-アダージョ-アダージョ-アダージョ
F.フレスコバルディGirolamo Frescobaldi (1583-1643):
 《オルガンとクラヴィーア》第3集より トッカータ第10番
M.ウッチェリーニMarco Uccellini (1603/1610-1680):
 アリア第5番〈ベルガマスカ〉Sopra la Bergamasca

アンコール:
M.ウッチェリーニMarco Uccellini (1603/1610-1680):
 アリア第11番〈シモン軍曹〉Sopra la Caporal Simon

♪演奏者:
竹内 茂夫 (リコーダー)
岡林 鮎美 (バロック・ヴァイオリン)
岡林 淳子 (チェンバロ)

趣旨:
 本年度,文化学部において計画しております聴覚文化セミナーおよび音楽文化論(木曜3時限)の特別講義としまして,昨年度に引き続きコンサートを神山ホールにて行います。音楽文化論の受講生のみならず文化学部の皆様や本学の皆様に聴いていただきたく思います。
 本年度は「イタリア150年の対比~後期バロックvs初期バロック~」というテーマを設定しました。イタリアから始まった「バロック音楽」も,初期の1600年頃と後期の1750年頃では音楽そのものがかなり異なります。楽器については,リコーダーもバロックの初期と後期ではかなり違っており,初期バロックはまだルネサンスからの1本削り出しあるいは2分割の楽器ですが,後期バロックになると学校で一般に使われるような3分割の楽器になり,外観だけでなく内径の構造も変わります。初期のイタリアらしい明るくよく鳴る音と,後期の倍音成分が多い繊細な音の違いを体感していただければと思っています。ヴァイオリンも現代とは違う17~18世紀のバロック・ヴァイオリンを使います。
 末尾ですが,本特別講義コンサートをいつも後援して下さいます文化学部の皆様に感謝申し上げます(文化学部 竹内 茂夫)。

♪連絡先: 竹内 茂夫(メールアドレス:atake★cc.kyoto-su.ac.jp ★を@に変更してお送り下さい。大学および文化学部事務室へのお問い合わせはお控え下さり,上記アドレスに直接お問い合わせ下さい。)

♪後援: 京都産業大学文化学部   

Posted by atake at 15:39音楽