京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年11月29日

神山交響楽団定期演奏会

多くのお客さんが来られた中,今年は1回生が多いオケが頑張りました。
今はきっと打ち上げ(2次会?)で盛り上がっていることでしょう。
お疲れさまでした!

オケの弦の何人かの人には,音楽文化論Bの授業でこれから何回かお手伝いいただいてリコーダーのコンチェルトなどを演奏しますので,まだまだ合わせと本番よろしくという感じです。

曲目:
■ベートーヴェン:《エグモント》序曲
 学指揮で。うまく堅実にまとめていたと思います。

■ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》
 門マジックでオケに表情が出ました。京芸院のピアノの人はなかなか達者で歯切れの良い音で好感を持ちました(経歴を見るとチェンバロを中野さんに習ったようです)。

■ドヴォルジャーク:交響曲第9番《新世界から》
 5年前に1度演奏していて,その時は管の指導に行ってましたが,今回は管弦とも第1,2,3楽章だけ。ちょっとハラハラする場面があったせいか,5年前は第4楽章を結構快速に飛ばしていたのに比べるとマエストロは安全運転だったように思います。

アンコール
■エルガー:行進曲《威風堂々》より
■ドヴォルジャーク:《新世界から》より第2楽章コーダ   

Posted by atake at 23:09音楽

2009年11月24日

西アジア言語研究会(12/6)

西アジア言語研究会 開催のお知らせ


今年度の西アジア言語研究会を下記の日程で開催いたします。ご多用中かと思いますが,ご関心のある方々のご聴講を歓迎いたします。


    平成21年度 西アジア言語研究会

日時: 平成21年12月6日(日) 12:30〜16:00
場所: 京都産業大学 第2研究室棟1階会議室(地図で示される図書館の南にある建物) 

    【プログラム】

大城 光正「カルケミシュの象形文字ルウィ語碑文にみられる言語的変遷」
吉田 和彦「ヒッタイト語ye/a-動詞の歴史に秘められた謎」
野田 恵剛「古代日本語における漢語借用語」

〜 休 憩 〜

二ノ宮 崇司「ジッバーリ語の2音節語のプロソディー」(仮題)
永井 勝 「中エジプト語テキストの文献言語学的研究 -「エルミタージュ・パピルスNo.1115」の古書体学的分析と文字素論的分析-」
池田 潤 「GISを用いたアマルナ語の言語地理学的分析(2)」(仮題)

研究会のサイト  

Posted by atake at 23:16言語

2009年11月24日

月刊『言語』休刊前最終号

多くの方が原稿を書かれ,休刊を惜しまれています。
やはり言語に関するこうした雑誌という形での情報交換の場がなくなるのは,寂しいことです。

折しも週末の言語学会(神戸大学)では「言語学概論を見直す」という公開シンポジウム。
ここのところ言われていることではありますが,言語学も1つの岐路なのかもしれません。  

Posted by atake at 23:09言語

2009年11月03日

松本克己先生叙勲

大学院時代から大変お世話になっております松本克己先生が,瑞宝中綬章を受賞されました。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091103ddm010040115000c.html

大変におめでたいことです!

言語学関係ですと堀井令以知先生のお名前もあるのは確認しましたが,その他にもいらっしゃるかもしれません。  

Posted by atake at 09:51言語