京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年07月28日

西日本言語学会 at KSU (9/26)

西日本言語学会が,9/26に京産大を会場に行われます。

この学会は,広島大学の言語学研究室が主宰となって行われているものです。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/nidaba/gakkai/gakkaiindex.html
私の上司が広島大学の出身であり,はるか昔に岡山で学会発表をした時に広島大学の方々を紹介していただいたことから,細々とですが何らかのつながりがあります(あると思っています)。

私はこの学会にも入ろうかどうしようかと思いながらまだ会員ではないのですが,今回は会場が京産大ということもあって,上司より手伝いを頼まれたのでした。

ずいぶん久しぶりにお会いする皆様ですので覚えておられないかもしれませんが,交流を楽しみにしています。  

Posted by atake at 21:16言語

2009年07月05日

音楽文化論特別講義コンサート(7/4)

「オリジナル楽器でバロックを」と題して,学内にある1600人収容の神山ホールで,舞台上にチェンバロ,バロック・ヴァイオリン,そして私のリコーダーという小編成でしたが,音の良いホールのおかげで聞き手の皆さんに楽しんでいただけたようです。
http://www.kyoto-su.ac.jp/department/fcsi/news/20090704_concert.html

7月4日(土) 14時〜16時
京都産業大学 神山ホール  大ホール


リコーダー  竹内 茂夫
バロック・ヴァイオリン  岡林 鮎美
チェンバロ  川勝 さちこ

チラシとは若干曲目の変更がありました。

ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann (1681-1767):
 フルート,ヴァイオリン,通奏低音のためのトリオ・ソナタ ニ短調 TWV42:d10
アルカンジェロ・コレッリ Arcangelo Corelli (1653-1713):
 ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ヘ長調 作品5第10番 
ジャク・マルタン・オトテール「ル・ロマン」Jacque Martin Hotteterre "le Romain" (1674-1763):
 横型フルートと通奏低音のための組曲 ホ短調 作品2第4番

〜休憩〜

ビァジョ・マリーニ Biagio Marini (1594-1663):
 2つのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ《ラ・モニカ》
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750):
 《快適に調律されたクラヴィーア曲集第1巻》第1番 ハ長調 BWV846より 前奏曲
ジョージ・フレデリク・ヘンデル George Frederic Handel (1685-1759):
 《ハープシコード組曲》第5番 ホ長調 HWV430より 「エアと変奏」(「愉快な鍛冶屋」)
ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー Johann Heinrich Schmelzer (1620頃-80):
 ソナタ《カッコウ》
ジョージ・フレデリク・ヘンデル George Frederic Handel:
 フルート,ヴァイオリン,通奏低音のためのトリオ・ソナタ ヘ長調 HWV389 作品2第4番

〜アンコール〜

タルクイニォ・メールラ Tarquinio Merula (1594/95-1665):
 カンツォーナ《めんどり》

チェンバロ提供および調律:春山ハープシコード http://harpsichord.jp/
          調律:キルンベルガー第3技法 ピッチ:415Hz  

Posted by atake at 14:20音楽

2009年07月01日

iCab, Firefox

Macな私はブラウザを複数使い分けていますが,2つアップグレードがありました。

いつもこっそりアップグレードするiCabは,6/25に4.6.1がリリースされて,少数のバグフィックスがなされていました。

Firefoxは6/24に3.5に。確かに高速になりましたし(描画が?),タブの追加ボタンがIEのように付いたり,Oggファイルが再生できるようになったのはWiki対応でしょうか。

Safari(3.2.1)は,私の環境(まだ10.5.5)では正常終了しないでCPUのプロセスを喰い尽くしてCPUの温度を80度(!)までに上げますので最近では全く使っていません。

10.5.7にするのも若干不安があるので,まだ10.5.5のままです。  

Posted by atake at 21:44電脳

2009年07月01日

日本言語学会

もう10日ほど前ですが,神田外大で行われた言語学会に出席してきました(6/20,21)。

土曜日は天気が良かったのですが,日曜日はすごい雨。おまけに何か他にイベントがあったみたいで,大学周辺には親子連れのすごい列。

それはともかく,統語論というか生成文法に焦点を当てた今回の講演およびシンポジウムのプログラムは,普段あまりフォローしていない分野ではありますが,様々なアプローチがあり賛否両論もあって刺激的でした。

昼休みには大学院のOBで集まり,恒例の雑誌の反省と時期編集委員会作り,および様々な情報交換の良いひと時でした。編集委員会の体制変更や投稿の〆切時期の変更など,いくつか重要な変更がありました。  

Posted by atake at 21:34言語