京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年12月04日

神山交響楽団2013年定期演奏会

まず,プログラムのごあいさつより引用いたします。

「師走に入りましたお忙しい中,お休みの日曜の午後にご来場頂き,心よりお礼申し上げます。

今年は,ベルリオーズ以外はチャイコフスキーの超有名曲2曲をお聴き頂くこととなりました。

チャイコフスキーを演奏する上での重要なことの一つは,体力でしょうか。

終楽章の終盤になってもffあるいはfffが延々と続く部分があったとしても,ロシアのオーケストラのようにパワフルに演奏し続けることが求められます。

それでこそ「のだめカンタービレ」のミルヒー(シュトレーゼマン)が言うところの「クネクネ」の振幅の大きさがはじめて表現できるように思います。

今回管打楽器を中心に指導をしてきましたが,私自身が普段演奏している4〜5人の小編成の17世紀イタリア初期バロックとは,規模こそ一見違うようですが,イタリアの「歌」の「情緒(アッフェット)」の濃さとどこか通じるチャイコフスキーの歌の世界を,学生たちが存分に表現してくれることを期待しています。」


ご来場下さった皆さまに,遅ればせながら改めてお礼申し上げます。

所用で途中からの鑑賞でしたが、今年は音楽的で驚きました。
特に交響曲は、もちろん細かな事故はあったけど素晴らしかったと,指導していた立場からも思いました。
マエストロの指揮も,事故を未然に防ぐという指揮ではなくて,音楽的にこう表現しようという指揮だったように感じます。

また,終演後は例年でしたら号泣している人が多くて「部活の発表会」という感じでしたが,今回はそういう学生をほとんど見かけることはなくて,
「まだまだ演奏できます!」
という頼もしい感じで,最後まで集中力が高い演奏でした。

チャイコフスキーの第5番は5年前にも演奏しましたが,その時とは全く違う演奏になって,両方とも指導した立場としては大変興味深く聴くことになりました。  

Posted by atake at 22:59神山オケ音楽

2012年11月11日

神山交響楽団第14回定期演奏会(11/11,神山ホール)

まず,指導者の1人としまして,雨の中ご来場下さった皆さまに,厚くお礼を申し上げます。
雨でしたので,昨年よりは若干少なかったように思いますが,学生たちの演奏に多くの拍手をありがとうございました。

今年の定期演奏会は,マエストロが分奏や合奏をしてくださり,私はあまり指導に出向くことがなかったので,その時の様子とその後の伝聞情報で,果たして大丈夫だろうか…と直前までとても心配していました。

開演前のロビーコンサートでは,最初に弦楽合奏隊が演奏し,その後金管アンサンブルが演奏していましたが,それを聞いていたら大丈夫なのかもしれないと感じました。

その後,マエストロにお会いした時に「問題ない」旨伺い,色々と手伝ってくれているOBくんにも舞台袖で会った時に「みんなしっかりやっているから大丈夫ですよ」ということを聞いて,安心して両舞台袖で皆さんを励ましてからいつもの2F客席から聴きました。

まずは、学指揮で、学歌。
去年から新しいアレンジでの演奏。
皆さん良い感じの音。

次に同じく学指揮で、エロルド(エロール)の《ザンパ》序曲。
後半に現れる可愛らしいイ長調のテーマは、昔FM番組のテーマ曲でも使われていた、とても懐かしいメロディー。
あとでメンバーから「本番ちょっと速かった」と聴きましたし、事前の練習を聞いたのから判断すると確かにそうでしたが、客席で聴いているとちょうど良いテンポに感じました。
ただ、その部分はシャープが多いので、音程としてはちょっと厳しかったのは事実ですが、全体としては学指揮さんがよくコントロールして、メンバーも緊張感もって演奏していたので、良い演奏に感じました。

マエストロが登場して、J.シュトラウス〈皇帝円舞曲〉。
若干事故があったものの、さすがはマエストロ、安心して聴けました!

休憩。
学指揮とチェロのソロがしっかり仕事をしたのを伝えに行く。
今回は、多少事故があっても大丈夫だろうと思えるから安心できる。

最後にメインのベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》。
管打の分奏を見た第1楽章は堅実。
途中で、何年か前にやったブラームス(交響曲第1番)の響きがしてびっくりしたし懐かしかった。
第2楽章は、管分奏しておきたかったかも。
第3楽章は、管打の分奏をした時よりは慎重なテンポ。
ホルンは最高でした!
管打の皆さん、全体に良い感じでした。
第4楽章、弦で若干ヒヤヒヤしたものの、最後まで集中していたと思います。

終わってから聴衆の熱い拍手の中、マエストロが、オーボエ、ホルン隊、フルート、クラリネット、ファゴット、トランペット、ティンパニの順に(若干記憶が曖昧ですが)演奏を讃えました。
弦はまずコントラバス、ヴィオラ、チェロ、2ndヴァイオリン、1stヴァイオリンの順でした。

その後アンコール。
途中から舞台下手袖に行って出迎え。

今年は、本番前まで演奏も含めて様々なことで本当に心配事がたくさんあったたので、本番もどうなるやらと本当に憂慮していましたけど、それを見事に良い方向に裏切ってくれて、安心してエロイカを聴くことができ、本当に楽しめました。

終演後、ホワイエで色んな人にあって聞いていると、オケのレベルもこの2年くらいでずっとあがっているとか、エロイカが他と比べても良い演奏だったとか、良い評価が聞けたように思います。
(マエストロからも「今のオーボエとホルンがいる間に英雄やっておきたかった。ホルンはどこに出しても恥ずかしくない」との評価を伺いました!全く同感です)

これをうまく来年につなげていってくれれば、またそのお手伝いができればと願っています!
  

Posted by atake at 22:52神山オケ

2011年11月14日

神山オケ,マエストロ練見学

土曜日は仕事(泣)の後,神山オケの定演を控えてメインの交響曲とアンコールのマエストロ練習があったのを予定表で見て,今週メインの合奏を振るように言われているので見学。


メイン曲の管分奏は何度か見に行っていて,細かなところは直されていたけど,大枠は精度を上げていけば大丈夫だと思う。

しかし…弦は正直まだまだ厳しい所が。
パート自体でまだ弾けてないところもあるし,パート内でバラバラというか時間差があったりで,ちょっとびっくり。
特に中間の2楽章,3拍子も概して苦手だから何とかしないと。
これは今度合奏とは言っても弦分奏しないと…。

そう思っていたら,その後オケの子から連絡があって,16日は合奏から弦分奏に変更。
その方がいいなぁと思っていたので,ちょうど良かった。


アンコールは毎度のかなぁと思って帰ろうと思っていたら,私としては初めての曲だったので見学。

おっと!勢いだけで行っているけど,ヘミオラが…そして3拍子が…という感じだったので,これもちょっと手を入れたい。
そう思ってオケの子のメールの返信にもその旨入れる。


さて,次の合奏はどうなることやら。
少しでも良い方向に行くように手を尽くす。
毎度のことながら往診するお医者さんのような気分(笑)。  

Posted by atake at 19:40神山オケ

2011年10月28日

コンサート〜バロックでクリスマス@神山!〜(12/21)

本日神山交響楽団のソリスト付き合奏の初練習を,マエストロ急遽不在のため代振りで行きましたが,以前話を振っていた定演後にクリスマス頃にバロックのコンサート何かしません?というのが,メンバーが揃わないかもということでナシになるのかなと思っていたら「どうなってます?」と聞かれて,急遽実現の方向に!

曲の候補は振ってあるので,あとは具体的に曲を決めて楽譜を用意せねばという感じです。あと場所の確保も。

弦のトップの人たちにお願いするので,弦楽合奏に私が(電子)チェンバロで通底入れたり,私のリコーダーで協奏曲か何かをやる予定。あとはクリスマスの讃美歌も。

楽しみが1つ増えました♪

本日の合奏については,つぶやきにて。


…ということで,日時と場所,メンバーと曲目が一部決定したので,載せます。

~バロックでクリスマス@神山!~(仮題)


■日時: 12月21日(水) 12:20~13:10(予定)

■場所: 11号館1Fロビー(大学の最も奥の建物になります。http://www.kyoto-su.ac.jp/outline/campus/cam_map.html の17番の建物です)

■演奏: 竹サンブル(竹内茂夫+神山交響楽団弦楽メンバー)
 竹内 茂夫 (リコーダー)
 河原 佑香 (ヴァイオリン。経済・3)
 先灘 樹 (ヴァイオリン。外語・3)
 澤 卓哉 (ヴィオラ。工・4)
 岩崎 美幸 (チェロ。外語・3)
 岡田悠里 (コントラバス。文化・3)

■曲目:(予定)
 A. コレッリ:合奏協奏曲ト短調作品6の8《降誕の夜のために》(クリスマス協奏曲)
 A. ヴィヴァルディ:リコーダー協奏曲
 クリスマスの讃美歌 など  

Posted by atake at 22:58神山オケ

2011年10月11日

神山オケ合奏

昨日は,メインの交響曲の第4,1楽章の合奏。

休日開講のせいかオケの人も少なめ?

管は分奏でも見に行っているので,第4楽章の弦を中心に合奏したけど,弦のパート内とパート間の響きを合わせるのが難しい。
結局は強弱とテンポと和声の変化。

とはいえある程度は確実に改善されていったので,この調子で来月末の定演まで上げていければと思う。

第4楽章に時間かかったので第1楽章は時間不足になってしまったけど,ここも弦を中心に調号(特に#)が多い部分を少し時間を延長して練習。

ただ来月頭に神山祭もあってそちらのポップス系の曲もやっているから,個々の練習もうまく時間を使ってやってほしい。  

Posted by atake at 10:30神山オケ

2011年07月16日

神山オケ合奏

今学期は2回,メインの交響曲の第4楽章と第1楽章の合奏を振った。

再演の曲だけど,その昔も分奏や合奏を振りに行った時に,人数がものすごく少なくて,特に弦は少なくてパートによっては1人だったようなことを考えると,今は多くなって良かったなと思う。

オケの場合人数が多いことはやはり武器になると思うし,演奏会に乗るか乗らないか,乗るとしたらどのプログラムで乗るか,良い意味で競争も生まれて,切磋琢磨につながっているのではないかと思う(ですよね?)。

今年のメインは去年の色々な意味で大変だったブラームスの第1番に比べれば取り組みやすいと思うし,事実6月にミニコンサートで全く違う曲をやっていたにも関わらず仕上がりは早い方だとは思う。

もちろんフレージングや強弱やリズムなど曲の理解はまだまだだと思うので,あとは夏の合宿を経てより良い仕上がりになっていけばと思う。

それにしても,前プロとはいえ忙しい曲を選んでしまって,大変そう…。  

Posted by atake at 00:26神山オケ

2011年04月05日

2011(平成23)年度シラバス

新年度になり,大学のHPの更新をするのがちょっと大変に感じるようになっていましたので,このブログに飛ばすように設定を変更しました。

新年度のシラバス一覧です。大学のシラバス検索システムが新しく検索しやすくなりましたので,そちらへのリンクを張っておきます。

火2 英語学概論I
火3 英語文化講読A [旧約聖書の楽器]
火4 情報処理実習(基礎)

木2 古代西アジア文化論A [旧約聖書を軸とした古代オリエントあれこれ]
木3 音楽文化論A [旧約聖書時代から1750年までの音楽史]
木4 ヨーロッパ文化基礎演習1・2 [バロック音楽の歴史と実践]

月1 文化学部入門リレー講義(6/27のみ。「リコーダー(たて笛)の歴史」の予定)
水2 比較文化概論(7/13。中東「ユダヤ教について」)  

Posted by atake at 23:04神山オケ

2011年03月07日

神山交響楽団追いコン(2/26)

行ってきました。

定演(11/23) の打ち上げには行かなかったので,オケの皆さんと会うのは一部を除いて久しぶり。

80人近く参加とは、相変わらず大所帯。といっても去年から一気に増えた。

人数が多いのはある程度武器になるので良いこと。ただ弦ばかり増えて管の特に木管が足らないのは寂しい。ソリストなので経験者の方が良いけど,ぜひ増えてほしい!

今年の4回生は人数は多くはなかったけど,去年とは違った種類のキャラが濃い人が多くて,私の中でも印象に残っている。卒業してからもぜひオケ色々な形で励ましサポートしてほしい。

1次会終了後,マエストロにお誘いいただいて,駅の近くの居酒屋さんで短い2次会。美味しくてリーズナブルな料理をご馳走していただいて,しばらくあれこれ雑談。良いひと時でした。

さて,今年の定演はどんな曲目になるのか,そしてもう1つ小さめの演奏会をするそうだけど,その準備もしっかりやって,聴衆にアピールしてね。

私も今年は自分の演奏会が7月上旬だけでなくて秋にも予定しているので,オケの面倒をどれだけ見れるかちょっとだけ心配ですが…。  

Posted by atake at 22:46神山オケ

2009年12月09日

神山天文台

足場が取れて,その全貌が見えるようになりました。
それに伴って,前にあった飯場が撤去されて,以前のように見通しが良くなり,本館と10号館の行き来も元通りになりました。

ともかく工事お疲れ様でした。

内部はまだこれからかもしれませんが,完成が楽しみです。  

Posted by atake at 00:32神山オケ

2009年03月17日

8号館周辺工事中

丸善やファミマがある8号館から上の12号館まで,エスカレーターやウッドデッキを造るための大規模な工事が半年間続くようです。
そのために,上下のキャンパスの行き来がかなり不便になっています。  

Posted by atake at 22:47神山オケ

2009年01月26日

裏山探検

キャンパスの裏は山になっています。

総合体育館の裏には散歩道ができていて、途中展望台みたいになっていてなかなか良い風景のところがありますが、講義棟がある裏山の方は整備されているとは言えない状況です。

それでも獣道みたいなのはあるので、そこをたどっていくと京大の地球研のあたりや、大田神社や上賀茂神社方面に行くことはできるようです。  

Posted by atake at 21:00神山オケ