京つう

  学校・学生  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
atake
atake
愛知県生まれ。
 専門として,聖書ヘブライ語を中心とした北西セム語の文法研究(不定詞絶対形など)を一般言語学,談話文法,言語類型論の観点から行ってきたが,最近では旧約聖書の音楽や楽器,および1750年までの欧州古楽に関する研究と実践に移りつつある。
 北西セム語および音楽関係の論文の他に,訳書にヒーリー『初期アルファベット』(学藝書林,1996),ナヴェー『初期アルファベットの歴史』(共訳。法政大学出版局,2000)。『Newton』の「アルファベットのルーツ」の特集(2008)に協力。近刊予定の訳書として『箴言』(ティンデル聖書注解,いのちのことば社)がある。

 また,高校時代からゴスペルのバンドでギター,ベース,シンセサイザの演奏やアレンジを行い各地に演奏に呼ばれる一方,吹奏楽部にて様々な楽器を経験して指揮者を務め,聖歌隊の指揮者としてもバッハやヘンデルなど18世紀以前の曲の指導を行い今に至る。
 同時期に参加したリコーダー・アンサンブルをきっかけに古楽を独習し,オランダ在外研究時(1999〜2000)に知り合ったリコーダー製作家・演奏家の斎藤文誉氏の元で研鑽を積み,その後リコーダー奏者を中心とする様々なレッスンやマスタークラスを受講。
2008年以降大学と神学校にて古楽史を講じ始め,リコーダー奏者としても関西の教会や学校などの演奏に招聘され,2009年より京都産業大学神山ホールにて毎年古楽コンサートを行い好評を博している。
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年10月10日

村岡先生公開講演会@同志社

10月の同志社今出川キャンパスは,古代オリエント関係の素敵なプログラムが目白押しです。

本日10-11日のオリエント学会と17日のオリエント学会公開講演会の他に,22日には私が在外研究でもお世話になりました,オランダのライデン大学を定年で辞められた村岡崇光先生の公開講演会が予定されています。私は授業がどうしても抜けられないので遅れて参加する予定です。

2サムエル記11-12章の本文批評ということで,今伺っている限りでは,マソラ本文,死海写本断片,七十人訳,そしてギリシア語Antiochene versionを比較して読むというもので,どれも少しずつ違いますし,近年村岡先生は七十人訳研究をメインにしておられて辞書も1巻本で出たところですし,大変に楽しみです。

ただ,セミナーの時間が当初の4時間の予定が2時間半になったようですので,11章を扱うのが精一杯ではないかと予想します。
http://shingakubu.exblog.jp/12070533/  

Posted by atake at 23:33古代西アジア

2009年10月10日

オリエント学会@同志社

今日と明日,同志社大学今出川キャンパスで,日本オリエント学会第51回大会が行われます。
http://www1.doshisha.ac.jp/~orient51/

私は別のところでの講演会に出席するので大会には参加しませんが,盛会を願っています。

翌週17日も同志社でオリエント学会の公開講演会が行われます。

その翌週はオリエント学会関係ではないですが,同志社でセミナーがあるので,そちらには参加する予定です。  

Posted by atake at 08:49古代西アジア

2009年09月14日

TVリサーチ会社から

アルファベットに関する問い合わせのメールが来ました。
クイズ番組絡みでたまにあります。
アルファベット関係で翻訳や雑誌記事が出ているからでしょうか。

それで返答したところ返信があって,クイズとして使えるかどうか微妙らしいです(苦笑)。
確かに明快な理由がわかっていない質問ではありましたので,どうにもなりませんが。

事務室の方とお会いした時に伺ったのは,どうやら最初事務室に電話があったらしいです。  

Posted by atake at 23:41古代西アジア

2009年04月07日

ヘブライ語自主ゼミ

今日から授業が始まりました。

新入生の授業もあり,なかなか手強い人たちもいることがわかりました。来週から気合いを入れなければ。

今年は類い稀なる4回生が3人もいて,古代西アジア文化論に出席して去年からお願いされていたヘブライ語の自主ゼミを始めました。

アラビア語を勉強した人が2人とロシア語専攻が1人で,特殊文字には比較的抵抗がなく,言語的なセンスもあるので,最初耳で聞いてもらって単語の発音を真似するのもできますし,初学者には難しい2つの音の発音もちゃんとできるし(発音は現代ヘブライ語でやっているので少ない),これからが楽しみです。

ヘブライ語の科目がなくなって何年も経ちますが,こうして優秀な人たちを得て,自主ゼミの形でもまた再開できて嬉しく思います。  

Posted by atake at 22:39古代西アジア

2009年01月25日

最近来た古代西アジア関連の本

最近やってきた古代西アジア関連の本の中から面白いと思ったものの、ごく簡単な読書メモです。
他に5点ほど来て一応目を通しました。

◎Tappy, Ron E. and P. Kyle McCarter Jr. (eds.) (2008) Literate Culture and Tenth-Century Canaan: The Tel Zayit Abecedary in Context. Winona Lake, Indiana: Eisenbrauns.
ISBN: 9781575061504


※2005年にラキシュの北に位置するテル・ザイトで発見された、前10世紀中頃に刻まれたABC教本abecedaryについての5本の論文集。DVD付き(サイトもあります)。大変面白い資料です。私が見る限り、ダレトとラメドにかなり特徴があって、同時代のフェニキア文字やヘブライ文字とはちょっと違う点があるのが興味深いです。

○Lubetski, Meir (ed.) (2007) New Seals and Inscriptions, Hebrew, Idumean and Cuneiform (Hebrew Bible Monographs 8). Sheffield: Sheffield Phoenix Press.
ISBN: 9781905048359


※主にシュロモ・ムサイエフのコレクションにあるこれまで見たことがない(と思われる)印章やオストラコンなどについての16本の論文集。中でも、イドゥメン出土の4世紀のそこそこの数のオストラコンに書かれている文字は、古ヘブライ文字ではなくアラム文字系のユダヤ文字の前段階を見せていて、クムランに見られる文字を彷彿とさせます。

○Joosten, Jan and Jean-Sebastian Rey (eds.) (2008) Conservatism and innovation in the Hebrew language of the Hellenistic period: Proceedings of a fourth international symposium on the Hebrew of the Dead Sea Scrolls & Ben Sira (Studies on the texts of the desert of Judah 78). Leiden, Boston: Brill.
ISBN: 978-9004164048


※私もベエル・シェバで開催された時に1度だけ参加したことがある、死海文書とベン・シラのヘブライ語に関する国際シンポジウムの、2006年にストラスブールで行われた第4回目の論文集で15本収録。ほとんど知っている方々ばかりですが、中でもinfinitive absoluteについて継続的に何人かの方が書いておられるのが参考になります(今回はFassberg。以前はSmith)。  

Posted by atake at 16:13古代西アジア